不調の直し方

現代医学とうまく付き合って、自分で治したいと思った場合にはおやりください。
ヒーリング技法を学んだ方が、
実力のあるヒーラーの指導のもとで行う方が、効果があります。

まず、自分の意識に「治す」という気持ちを明確に打ち立ててください。
具体的に悪いところがわかる人は、その箇所を意識して、

わからない方、なんとなくだるい方などは、

「全体のエネルギーが滞りなく流れますように」と、意識します。

ヒーリング効果のある音楽を流し、香りのよいお香を焚きます。
目をとじて、楽な姿勢で座ります。
肩の力を抜いて、背筋を伸ばし顎を引きます。
そして、先ほどの意識

「自分で治す」をさらに軽く、念じます。
20分ほど、その余韻を楽しんでください。
途中、好転反応が現れる場合があります。
良くなるための一過性の現象ですから、あわてなくて大丈夫。
そのまま、瞑想を続けてください。

ころあいを観計り、横になります。
大の字に仰向きになり、全身の力を抜きます。
自分の身を宇宙エネルギーに委ねます。
ご自身が、伝授で授けられた
マントラを唱えられても結構です。

不都合や痛みが感じられた場所が、手を当てられる場所なら、
手を当ててください。指先を照射しても構いません。
もういいかな、と思ったらゆっくり起き上がります。
眠ってしまっても構いません。
眠りは最高の浄化です。

そのあと、能力者から、
霊綬、レイキトリートメントなどを、受けますと、
益々、すっきり致します。
自分の中から痛みに関する執着を手放した証です。

執着のお話は、宮崎神話館で、私が体感したお話です。
あらゆる不調は、執着が、原因だということを、
スピリチュアルを学ばれる方は、理解してください。

ヒーリング技法を学ばれた方は、上級スピリチュアル講義をぜひ学んでください。
元の理論がわかります。同じくインストラクター制度ですから、
教えていただくことも可能です。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)