自分にどこまで、お金をかけられるか

格差社会の、究極の結末がこれです。
実際に、掛けられるお金があるか。
そして何より、その気力があるか。
よく、時間がないとか、言いますが、
時間は、お金で、買うことができます。
若いころは、私も、夢と希望に溢れ、
いろいろしてましたが、
段々億劫になりました。

アンチエイジングって、
どこまで 必要なのか。とか。
やりすぎている人、例えば、
マイケルジャクソンなどを、
思い起こすと、切なくなります。
彼も結局は、
心の渇きを、お金で埋めていたに
過ぎないかもしれない。

どんなに手入れをしても、
年は年。
これでおしまいが、
ないですもんね。

12821555_950643501680376_1997301932830088939_n

永遠に続く、自分メンテナンス。

自分自身の身になって、
ヒシヒシと考えると、

堂々巡りをやめて、
気分を落ち着かせ、
本来の自分を客観的に見つめ、

それから自分に
何が必要かを
選択する時代になったようです。

皆さまは、いかがですか。

予防歯科は、こちら。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)