悩みの根源 自己否認と、自己都合

201101131959426fa

税務調査で、見解の相違がありますと、
「自己否認」の項目で計上されます。
退職などするときは、辞表に、
「自己都合」と書きます。
実は、悩みの根源は、この二つなのです。
「自己否認」とは、
自分目線で判断した結果、却下される。
「自己都合」とは
よんどころない理由の結末として
物事を進めざる負えない状態。
ここに、葛藤と、刹那と、怨恨と、増悪と、
煩悩と、惜別と、修羅などの様々な心理景色が
交差してくるのです。

「自己主張」をすれば、
きりがありません。

それぞれにそれぞれの言い分がありますから。
もしこの世に「絶対正義」というものが、
存在しているのなら、
「裁判」という制度はないでしょう。

自己否認と、自己都合を
しっかりと我がうちに起きながら、
「物事は、大局的に観る」

大局的の重大素因は、思いやりです。

理詰めで、正論を吐き続けないこと。
「教養とは、思いやりである。」を、
大人は、心に刻みましょう。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)