共存の構え

10616213_683149061763156_5390367808768482761_n

 

今年は、異常気象で、虫が大発生。
ゴルフでも、ブヨに噛まれたし、
富山の家でも蚊に喰われたし、、
名古屋においては、ダニ?ノミ?
強烈なかゆみが伴いました。
今は、ネットで調べられるから便利ですが、
神経質にパニクってはだめです。
実際、虫刺されではなくて、
アレルギーや、精神性疾患系のかぶれ、
湿疹、ウイルス性の皮膚病だったりするそうです。

私も気をつけて掃除はしているつもりです。
昔の私なら、退治に必死になりました。
すし屋時代などは、
営業終了後駆除の薬品をタイマーで
散布していました。
夜11時から朝6時までかけておくのです。
おかげで、ゴキブリはいなくなりましたが、
二階に寝ていた母は、肺を患いました。
人体には無害ということでしたが、
怪しいものです。

虫も住めない環境に、人間も住めない。
ということでしょうか。
今は、アロマとかいろいろな方法もあるようですが、
とりあえず、きちんと拭き掃除をして、
喚起をよくすることに努めます。
「共存の構え」です。

現代人に皮膚病は多く、
神経質になればなるほど、
皮膚病の治りも悪くなります。

共存の構えと、心を切り替えましたら、
なんだか、かゆみもとまりました。
精神的なことって、大きいですね。

虫のみならず、
いろんなことがそうかもしれません。
カビやハウスダストは、
日本の住宅環境では
完璧には防ぎようがありませんから、
共存の構えです。

いろんなこと、
共存の構えで、乗り越えられるかもしれません。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)