「もうかりまっか」の意味

IMG_8578

 

ヒスイツアーの願望達成質問に対して、
私の引いたカードはこれでした。
今回は「もうかりまっか」と尋ねました。
「先生でもそういうことが気になりますか。
ちょっと安心しました」と、
おっしゃる方もいらっしゃいましたが、
この文明社会に生きるものには、
「お金」は必要です。
お金は循環の法則にもっとも適するものです。
よどみなく潤滑に流れていてこその開運です。
そして、善きことの対価は、
順々と流れてくることが道理です。

さて、このカード、
泣き笑いの顔の上に
孤高に瞑想する探究者。

「得した、損した、もうかった、だまされた」

いろいろありますね。

それは、全て「主観」の判断。
もうかりまっかは、
「滞りなく、元気ですか」程度のあいさつ。

だということです。

カードの判断は
解説書によるのではなく、
占術者の深い人生経験も
加味されてくるわけです。

吉祥研究会タロットセミナーは、
そういうこともお教えします。

http://www.k-reiki.com/kissho-tarot/


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)