8月の家族たち(積み重ねられた家族の怨恨)

intro_v

北陸は、かかる映画が少ないので、
定期的に宅配レンタルをしています。
また、時間的、肉体的、精神的に
自宅鑑賞の方が、落ち着きます。
最近はシルバー年代が
映画によくいらっしゃるけれど、
映画に興味がなく、
単なる時間つぶし的な方も多く、
いびき、話し声、食べ物の匂い、
ガラ携帯の取り扱い等に、辟易するので、
あの大画面鑑賞を諦めています。

私は、映画が好きです。
映画は、自分の人生にリンクして、
未消化な問題を客観的に解決してくれます。

今回の「8月の家族たち」は、
家族の残酷さ、せつなさ、
家族だから、がまんしなきゃいけないこと、
家族だから、目いっぱい言ってしまうこと。
家族だからこそ、わかること。

元型リーディングでいうところの
影の部分、
犠牲者、つぶしや、子供、売春婦の
オンパレードです。

家族の関係は、
前世から、選んできたとはいうものの、
相当な修練です。

もちろん、本当に幸せな家族もいるでしょう。

日本の心理学の第一人者、
河合 隼雄(かわい はやお)先生が
著書で、おっしゃっている、

「家族の幸せは特定の人の
犠牲の上に成り立っている」

そのうっぷんが、
爆発したとき、いかなることになるのか。

日本人は今、世界一長生きの時代になり、
それに伴う病気も増えました。
認知症という病も、
もしかしたら、「未消化の我慢」の、
成れの果てかもしれません。

未消化の我慢、ストレスを
うまく発散しましょうね

あなた自身の内面を
客観的に見つめましょう。

天命セッションには、
ファースト元型リーディングが、
入っています。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)