風水気学と、九星気学の違い

よくご質問されますから、
きちんとお教えしましょうか。
日本には、江戸時代に、
気学が伝わりましたが、
その時に、
女性の計算法を採用せず、

(我が国の男尊女卑政策は、
今も、続いています。
ゴルフなどしてますと、
ヒシヒシと感じます)

男女とも、
同じ星にしてしまいました。
東洋思想では、
全て陰陽のならいがあり、
男女同じ星は、ありません。

ですので、
日本の九星気学で、
算命した女性の星は、
三碧木星以外、違います。

因みに、
私は、九星気学では、
五黄土星ですが、
風水気学本命卦では、
一白水星です。

生年月日から、計算します。

気学とは、もともと、
陽宅風水の「趨吉避凶」
(すうきちひきょう)
吉に趣き、凶を避ける。
の、学問です。

全ての根源は、
宇宙の万物
吉祥レイキレベル1で、
お教えしています、
易経八卦(はっか)が源です。

五黄土星は、
八卦に属さず、
万物の中核を意味する、
太極と同義であり、
方位としては、
無視できませんが、
生年本命卦
(個人の運命数)には、
数えないのです。

これは、清代の
「八宅明鏡」に、
明記されています。

風水気学と、九星気学の
大元の違いは
陰陽の有無、
五黄土星の扱い方。

九星気学は、
日本のみに通じる、
近代になって考案された
ものなのです。

しかしながら、
メザシの頭も、
信心からで、

ひとつの流派として、
定着している
九星気学は、
それなりに、
需要があるのでしょう。

が、本来の
風水気学とは、
かなり違うということを、
知識として、
知っておかれると、
良いと思います。
http://www.k-reiki.com/


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)