開運鑑定、悪運を言いっぱなしにしない

私は、レイキも、三か所で習いましたが、
開運鑑定の基本としています、紫微斗占術も、
西村天然先生、お弟子さんの田中月麓先生
東海林秀樹先生、村野大衡先生、
そしてこのたびの田中宏明先生と、五人の方に、
鑑定をいただいて、その様子を拝見しています。

レイキにも、さまざまがありますように、
紫微斗占術にも、三合派、飛星派、欽天四化派
などの流派があります。
私は西村天然先生から、三合派
東海林先生より飛星派を学びましたが、
このたびの田中宏明先生の欽天四化派は、
星の扱いが、全く違うんです。
正直、頭がこんがらがりました。

紫微斗占術は、的中率が高いだけに、
救いようがない占術だとも、感じます。

実は私は天性の霊感がありますから、
命盤の数字に頼らなくても観えるものがあります。
これが一種の才能というものですが、
それを養うために、
「観相学」「宿曜学」「心霊学」を修めました。
また、最近では、心理学的見地から、
元型リーディング」も学びました。

要は、悪運を言いっぱなしにしないという姿勢を
取りたいと祈り、スピリチュアルなことを
ご指導させていただいています。

私も、もはや、56歳となり、
我が人生を振り返れば、
宿命の洞察はかなりできるわけです。
また、人生における幸せの
なんたるかも、わかるわけです。

しかしながら、
宿命は生まれながらに決まっています。
はい。チャンチャン。では、あまりにもね。

そして、一番、強く思うのは、
100万の収入の人は100万の考え方、
1000万の収入の人は、1000万の考え方。
一億の収入の人は一億の考え方。ということです。

幸せの基準は人それぞれですから、
その人のレベルに合わせた救いの道があれば、
良いのでは
と、思うのでありますが、
いかがでしょうか。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)