開運の極意と嘆きの引き出し

16729006_1095091200600424_4858897482240066433_n

小さな幸せに感謝して、
嫌なことは、改善の工夫をし、
どうしても変えられないことは、
さらりと、流す。
と、知らず知らずに、
幸運体質になります。
どうしても、
さらりと流せないものは、
嘆きの引き出しにしまい、
普段は、忘れて、
時々、引き出して、
さめざめと泣けばよいのです。
いろんなことがあっての人生。
過ぎた過去に囚われたり、
いたずらに未来を心配したり、
せず、今を生き生きと生きましょう。
そういうことを、
お伝えしているのが、
上級スピリチュアルコースです。

時代は変わるは、こちら。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)