長い人生に耐えうる力を養う

「健康で長生き」は、本当に幸せなのか。と、
思うことはありませんか。
充分な収入があり、身の回りのお世話を頼れる人がいてくれてこそ、
健康で長生きは、保障されると私は思います。
そうでなければ、先行き不安が限りなく積み重なります。
生きていくことは、お金がかかることなのです。

また、長生きをすれば、多くの人との別れもあります。
愛する人とのかかわりも、永遠のつながりではないのです。
そのダメージに耐えられますか。

昨日の吉祥研究会ヒーリング体験会では、
チャクラトレーニングと共に、この問題に焦点を当ててみました。

人生も後半になって参りますと、
自分の主義、主張、好き嫌いは
著しく固まって参ります。
「頑固」に磨きがかかります。

頑固は、身を守るすべでもありますから、
適応障害の自分を甘えさせてくれるのです。

チャクラの回転が適切でない場合は、
この頑固に気づくきっかけです。

チャクラのリズムは、くるっ、くるっ、くるっです。
早過ぎても、遅すぎてもだめ。
回りすぎても、きしみすぎてもだめ。

スムーズに回らないときは、原因があります。
それが「頑固」
隔たった感情です。

全く正反対のことをしてみましょう。
アクティブな人は、内向的に。
出不精な人は、外交的に。

決めつけていた「自分」を解離す時、
何かの発見があります。

IMG_8677

私の友人101歳のサライさんは、
いつも私に、
「長生きしなさいね」とおっしゃいます。

長生きの実践者のおっしゃることですから、
長生きはとても意義があるのでしょう。

たとえ、日常にさまざまな難問題を抱えていたとしても、
長生きはきっと、意義があるのでしょう。

決めつけていた自分を解離して、
長生きに耐えうる力をいろいろ工夫して、
養っていきましょうか。
how toは、ありません。
それぞれが工夫をなさることなのです。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)