自分がお客様になっときのあり様

(気づきと反省)
何事も、すぐ忘れて、次に行ける私だが、
今回の富士リトリートのことは、
未だに私の中にくすぶってぃる。
富士山もすっきり見えなかったし、
企画も私には期待はずれだったし、
過剰人数過ぎたし、
何だか、超疲れて、
ディスカッションの時、
初対面の人たちが、驚く発言をした。
多分、日頃のいろいろな鬱憤が蓄積されての
ことだと思うが、主催者にしてみれば、
迷惑な話だったかもしれない。
そのことも、なんとなくもやもやしている。
現実の生き方は、経済に裏打ちされなくては
成り立たないというのが私の正論だけど、
職業として、
ホリステック業務に関わっている人たちは、
参加者の中にほとんどいなかった。
正論を言ったけれど、
自分の心は、いまひとつ釈然としない。
未だにひきづっている。

そんなとき、
日本経営合理化協会の理事長、
牟田學氏の九月の視点
「自分がお客様になったときのあり様」
を読んだ。

12063798_877000675711326_4754966750263490642_n

 

自分がお客様である時に、
決して油断をしてはならない。
その時の失敗が一番多い。
自分が「客」になった場合、
相手の立場を想い、
お客様ずらしない。
人としての道を踏み外さない。
そうすると好かれる。
友情も、親子の情も、夫婦の情も、
基本は互いの立場をよく知って、
日頃から、長い目で付き合うことである。
幸福に楽しく生きていくためである。

何だかすっきりした。
理屈としてはわかっていたことが、
今回は、とてもすんなり腑に落ちた。
やれやれ。
これで心のコリがとれる。
なんとも、めんどくさい、自分だ(笑)

10月2日10:00~12:30

富山教室 吉祥レイキレベル1 (あと一名)


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)