習い事の経験が活かされる時

今日は、突然、思い立って
五月人形を飾りました。
着物の着付けと同じで、
敷きものは、裾線を合わせることが大切。
つんつるてんでも、余っても、
かっこ悪いからね。
道具の取り扱いは、茶道に準じます。
いろいろな、習い事の経験が、
こういうものを飾るときに活かされると、
しみじみ感じました。

では、スピリチュアルの学びは、
何に、活かされるのでしょうか。

とんでもないことが起きた時、
虚しさに押し殺されそうになった時、
絶体絶命の時、

スピリチュアルを思い出す余裕は、
できるのでしょうか。

そんなことを、
マスター修練会では、
研究したいと思います。

各種セミナーや、開運鑑定は、
懸命になりすぎますから、
それらを超えた、皆様方と、
ちょっと深く、
スピリチュアルを学ぶ機会を創りたいと、
五月人形を飾りながら、気づきました。

マスター修練会には
他教室で、レイキマスターになられた方、
五次元ヒーリングマスターになられた方も、
ご遠慮なくどうぞ。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)