百田尚樹の取材力

ByTr4HRCIAAWkab

百田尚樹の新刊フォルトナの瞳は、
運命学を研究するものとして、とても興味深い内容でした。

 

1902814_698233250254737_119857732395825716_n

天命、宿命、運命の関係が根底に流れます。

先般の「プリズム」も、表向きは、多重人格者を扱っていましたが、
精神科の治療の仕方は、
「本式除霊」(気合入れではない本当の除霊)とほぼ同じです。
宗教儀式が無いだけ。百田尚樹氏の取材力は大したものです。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)