歴史は、まだ、繰り返す

おばあちゃん、明日、何時に来るの?
子供見守り携帯からの肉声メッセージが、
昨夜、夢ちゃん(孫)から入り、
一瞬、20年前の記憶にプレイバックしました。

次男が夢ちゃんと同じ年のころ、
私は離婚をして、すし屋を経営していました。
毎朝6時半には、
柳橋に仕入れに行っていたのですが、

当時、小学一年生の次男から、毎朝、
半泣きで携帯が入るんです。

何とかなだめるのですが、
不登校にならなかったのは、
友人や、先生、長男のおかげだと思います。
そんな過去が、夢ちゃんの
肉声メッセージで蘇りました。

今朝は、早朝から、夢ちゃんのパパ(長男)は、
東京出張で、ママは、病院。
夢ちゃんはひとり、心細いのでしょう。
体格が良くて、しっかりしているので、
小学四年生くらいに想えますが、
実際は、7歳なんですね。

おばあちゃんも、富山の段取りを済ませ、
早速、名古屋へ向かいます。

何だか、歴史は繰り返すを
地で行く感じがしました。

女が結婚して、フルタイム働くって、
ましてや、単身の子育てって、
本当に大変です。

女性の労働力を期待するなら、
もっと、何か、良い改革があるとよいのにと、
思わずにはいられません。

あっという間の子育て期間ですから、
三年くらいは、ゆっくり我が子と、
向き合える、そんな制度になってほしいです。

おばあちゃん天使は、こちら。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)