曽祖父の姿が観えた

飛騨では、安らぎの中にも、
残念感がしみじみ湧き上がり
ましたので、山本建造先生の
残存思念に、直接、
コンタクトをしてみました。
その会館は、
掃除も行き届き、
良い空間でしたから、
まだ、残存思念はあったのです。
その結果、
私の亡き曽祖父、
高野山の僧侶が、
托鉢姿で、現れました。
その姿を念写できれば良いんですが、
私は、念写をしたことがありません。
写すには、機械がいるんです。
スマホ時代ですから、
スマホに、念写できればいいね。
やってみようか(笑)

17884016_1276732509071472_8086429333060092669_n

私、今まで、
曽祖父のことは、
無関心だったんです。
28年前に、
秀道宣考上座という骨壷を、
いただいているにもかかわらず。
曽祖父の、僧名です。
やっぱり、
気づきのタイミングは
ありますね。
皆さんも、あるでしょう。
どうぞ、感度を高めて、
気づいてくださいね。
人生、楽しくなります。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)