揺れる人ほど、魂が深い

IMG_2838

人間は、生ものなのに、寿命が長いから
厄介なんです。普通なら、とっくに腐って、
風化してもいいくらいの年月を、
私たちは、生ものの肉体を持って、
生き続けているのですから、
酸化も、老化も、劣化も、当然あります。

科学の力で、日々、
いろいろなものが開発されていますが、
紀元前221年の秦の始皇帝の時代から、
「不老不死」の妙薬は探されていたのですから、
人類にとって、壮大な悩み事なのでしょう。

単に不老不死が良いかといえば、
そうではないですね。
「幸せに不老不死」がよいのです。

何百年も生きているバンパイヤが、
「生きるのに疲れた」なんて言っている
映画のワンシーンがありますが、
まさに、慟哭です。

前置きが長くなりましたが、

揺れやすい人は、いろんなことに
素直に反応する人で、柳に枝折れ無しのごとく、
何事にも、対処して行けます。

たら~たら~と、揺れていればよいのです。

自分に直接利害のないことには、
あっそう。と、スルーすればよい。
揺れるときに気づきが生まれるのです。

反対に揺れることができない人が
ぼきっと、枝折れします。

観相学的なことを申しますと、
破廉恥写真が流れて、
休業状態のタレントのKさん。

美人顔でも、ひどくけんのある顔です。
何事も自己中で譲れない性分。

揺れることをよしとしないので、
アクシデントに巻き込まれて、
ぼきっと折れます。

私の周りにも実はいらっしゃるので、
はらはらしつつ見守っていますが、
そういう人ほど、開運鑑定も、霊性の学び
興味のないふりをして、
揺れないふりをしていらっしゃるから、
遠方より、しみじみ無事をお祈りするしかありません。

揺れると楽なのにね~


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)