念達法

(ありのままに〜は、ない、無と、空は、ちがう)
レイキ技法のひとつですが、
教えている教室と、教えていない教室が、 あります。
100年以上、広く継承されている技法は、伝達者によって、
伝えられ方がちがいます。

私は、それをできるだけ、防ぐため、
3つのレイキ教室(西洋、伝統、現代)から、
レイキを学び、手当療法と、
言われている書物を研究し、
海外の現状を視察し、
尚且つ霊的熟考を加え、吉祥レイキを創りました。

インストラクターにも、
伝え間違いがないよう、
テキストをしっかり作成し、
実技も、実行し、
口伝で、秘伝も、お伝えします。

さて、念達法ですが、
自分の意識に、
想いを、念達することです。

スピリチュアルが好きな方は、
なんとなくとか、
ありのままにとか、
囚われないとか、
手放すとかに、
集中しますが、
これは「無」の状態です。

自分をクリアにするには、
大変よいですが、
それでは、自分の意識も、
消えてしまいます。

ワークを、実行したあと、
単なる気持ちよさに、
終わってしまい、
霊的成長は、望めません。

「無」と「空」は、ちがいます。

空とは、無になった、
自我意識の、目覚めです。

念達法とは、無の状態に、
なる前の潜在意識に、
目的意識を、持たせるものです。
そうすると、霊的深い気づきが、
得られ、現実が過ごしやすく、
なっていきます。

自分の在り方を、
自分と、未知なるものに、
問いかけるのです。

念達法は、他者にもできますが、
悪用は、マインドコントロールに、
つながりますから、取り扱い注意です。

「お幸せで、ありますように」
程度を、他者には、念達します。

それでも、なにやら、式神たちが、
発動し(笑)
今朝も、二件ほどメールを、
いただきました。
昨夜、私は、自己オーダーメイドメンテを
していましたが、その意識が、
飛んだのかしら。

いずれにしましても、
単なるリラックスから、
深いリラックスになりますよう、
単なる学びから、
深い学びになりますよう、
念達致します。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)