必ず年月は、過ぎる

開運鑑定は、いわば一生のお付き合いになります。
数年前に予言させていただいたことが当たりました。
と、リピーターの方に、よくおっしゃられますが、
それが、「宿命の術」というものです。
当たるのは当たり前で、開運鑑定士は、
悪いことを、外してあげることが任務です。
私もなるべく外すべく研究を重ねていますが、
いかんせん、「寿命」だけはどうにもなりません。
古代より権力者がこの術を模索しています。

img97f8f55fzik8zj

私も2008年に、南インドでホマ業の修行をしましたが、
果たしてその効力があるのか、人体実験を自らに課し、
その結果は来年に出ます。
いずれにしましても、「年月は必ず過ぎます」
あとから振り返って、
恥ずかしくない仕事をしていきたいと思います。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)