心の渇き

日本人は恵まれている。が、
豊かゆえの哀しみがそこにはある。
贅沢な悩みだろうけれども、心の渇きは体調を悪くする。

たとえば、全く、環境の違うところに自分を置いてみる。
少しくらい過酷な方が良いかもしれない。
極限になった時、自分はどう意識し、どう行動するのか。

それを知った時、また一つの新しい扉は開かれる。

砂漠のオーベルジュを、まだ真っ暗なうちに出発する。

 

介助を受けてラクダにまたがる。
とことこと、月明かりに照らされながら連なるシルエットは、
「月の砂漠」のイメージ風景。

 

121

 

砂漠の月は、明るい。

 

124

 

朝日を観る砂丘には、ラクダは登れない。
砂に足を取られながら、ひたすら上を目指す。

 

123

 

旅の始めに体調不良になり、
抗生物質を飲んでいる私には過酷な道。
ベルベル人が支えてくれた。

頂上は、果てしなく遠かった。

 

108

 

遠くで休む駱駝たち。

 

107

 

寒い。

 

128

 

ひたすら待つ。

 

130

 

やっと日が登り始めた。

 

104

 

ベルベル人たちのパオ。

 

135

 

素敵なオーベルジュ。

 

138

 

プールも完備。

 

139

 

ベルベル人の給仕。

 

136

 

バイキングスタイルの朝食。

 

140

 

オーベルジュパンフレットのこの写真のところでいただいた。

長い道のりを超えて、ここまでやってきた。

そして、啓示を受け、またあらたな展開が開けていく。

 

貴方の心の渇きが癒される場所はどこだろうか。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)