十二支

d07d68d9

十二支の始まりのお話は、ご存知ですよね。

天帝が、レースを企画し、
先着で、12の干支の順番を決めたと、
語りつがれています。

日本台湾中国韓国は、この干支ですが、
チベット タイ、ベトナムは、
うさぎの代わりに猫が入ります。
え?じゃあ、伝説が変わっちゃう?

国々の事情など、理由はいろいろありますが、

「12」という数は不変です。

星の運行から導かれた12という数です。
キリストの十二使徒、仏陀の十二弟子など、
12は、ひとつの完結を意味します。

干支の一回りがひとつの物事の完結を表し、

13年目からは新たな展開になるのではないか、

と、私は推察します。

吉祥研究会を立ち上げまして、

今年は12年目。
当初、ご縁ができました、

御嬢さんだった方たちが、
結婚して、子供をもうけられる、

まさに、劇的な転換期の12年を
生きられた、皆様が、

開運メンテ、子供鑑定など、

いらっしゃっいます。

自分の本質は変わらないけれど、
年を重ねるごとに、

気づきが現れます。

そういうことを、見守っていきたいと
この世のご縁の不思議をかみしめながら

リピートのある仕事を

させていただきたいと思っています。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)