セミプロからプロそして超プロへ

IMG_6449

その道のプロになるには、一万時間が必要だとする、
一万時間の法則が、最近は否定気味になって参りました。
世の中かがより速く効率的なものを好む傾向だからでしょうか。
しかしながら私はあえて一万時間の法則を奨励します。
スキル、云々だけの問題ではなく、
そのものに関わっていることの長さは、
経験値による新たな進化、工夫が生まれるからです。
それが、プロの絶対条件です。
真剣に起業努力成功している皆さんは多分一日10時間は
「そのこと」関わっているでしょう。
10時間×6日=60時間 (一日は休みます)
週60時間として一年は52週
60時間×52週=3120時間
10,000時間÷3120時間=3.2
つまり、石の上にも三年という言葉通りになります。
当然のごとく関わる時間が短ければ、年数は増えます。
もちろん、関わり方の密度も問題です。
何事もそんなに簡単にはいかないのです。
でも、希望を失わず、適正な努力をすれば、
必ずや報われます。地道に頑張りましょう。
そして、プロの先には超プロの世界が広がります。
超プロになれば、集客に困りません。
世の中に必要とされるからです。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)