インド事情の、ある一部

やっと、世界が報道を始めましたが、インドって危険です。
私が、2007年北インドで三週間、
2008年南インドで一週間修行をした経験から、お伝えします。
なんとなく、ムード的な感覚でインドに憧れる人も多いですが、
女性は特に危険なのです。
身分制度を根底とした、根強い男尊女卑があって、田舎に行くほど激しい。

不義をした女性の刑罰が村民男性全員に集団暴行された、なんてのも最近の話です。
インドも、リーマンショックまでは景気が良くて、地元民観光客が押し寄せていましたが、
今は、所得格差がますます大きくなり、不穏が増しています。
不満が、弱者へと向かうのです。
何かというと、すぐ、集団強姦になります。
もともと、持参金という言わば人身売買的な制度で、
少女が、中年男、老年男に嫁ぎます。
インドの田舎の物価は三倍になりましたが、
それでもまあ、安いので一人でふらっとムードに酔って出かける日本人女性がいますが、
1960年代ビートルズが修業をした北インドリシケシュは、
世界の聖地と言われてますが、実際は廃墟。
なぜなら、税収が少ないことと、
業者の賄賂等が蔓延り、いろいろの工事が進まないのです。
リシケシュにはニューデリーからタクシーで6時間、運転手と二人きりです。
私はあらんかじめ信頼のおける日本人の現地コーディネーターの手配で契約しました。
普通の列車は、日本人にはとても乗れません。

実は、インドと、中国、インドと韓国はとても仲が悪いです。
何故かというと、お互い、半端でない押しの強さがあります。
日本人は、「和」を持って尊しの国柄ですから、
とても太刀打ちできなないのです。
外交ですらそうですから、報道されてない
「合意」とされている部分での若い女性たちの被害は
もっと大きいのではないかと推測されます。

インドは決して夢の国ではありません。
どうぞ、それを念頭に置いてくださいね。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)