ほそみちさんとの思い出

2004年ひとっこ一人知らない富山へ参りました。
丁度、南砺市が誕生した時期で、
市民参加型ポータルサイトなんとブログから、
地元の皆さんとご縁をいただいたのです。
その中でも、「ほそみちさん」とは、
何かしらとよくご一緒させていただきました。
先日、天に召された、
福光美術館元館長 奥野達夫さんです。
私のハンドルネームが吉祥天ですので、
「ほそみちさん」「吉祥天さん」と、
呼び合い、何か、別世界の出会いのような、
不思議なお付き合いでした。

2015年4月5日、
ほそみちさんからなんどブログの仲間ヘの
メッセージをいただきました。
私にもくださいました。
心温まる文章、宝です。

「吉祥天様 舞い降りる」

     このブログが
     スタートしたころ、
     天女が名古屋方面から、
     舞い降りた。

     長らく、ブログのトップを
     絹の裳裾を翻しながら、
     席巻された。

     第一回のオフ会を企画。
     最後のオフ会もお世話。
     ありがとうございました。

     もともとは、
     ヒンドゥー教の女神で、
     仏教の愛の守護神だったり、
     弁財天と混同された、
     美女の代名詞。

     吉祥とは、繁栄・幸運の意。
     占いに通じる。

     いやはや、神出鬼没変幻自在。

     おかげで、
     ネアカのキャラは、
     じとっとした、
     北陸の風土に、
     その美声とともに、
     さわやかな風を送っていただく。

     南砺に春を呼ぶ第九でも、
     遺憾なく実力を発揮される。

     華がある人、
     また逢う日まで。

ほそみちさん、ありがとうございました。
http://kisshoten.blog.nanto-e.com/detail-80708.html


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)