それは、モネの池の藍色の鯉から始まった

13450057_1015878408490218_6141719949677724040_n

今回の名古屋は、モネの池の藍色の鯉から、
始まりました。金銀の鯉も、もちろん素晴らしいですが、
日本古来の色、「藍」には、深い意味があります。
第三の目のチャクラの色は、霊格者は
「藍色」であるのが望ましいです。
藍=愛です。

今日は夕方、次男の嫁と孫たちと過ごしました。
女子会ですが、縁あって、嫁姑になったんですもの、
お互いの至らなさは、藍で、埋めたいと祈りました。

川根合宿では、中野素芳先生ご一家の、
愛情あふれるご接待に、心が緩みました。
愛されると、愛したくなります。

そうやって、和の心が連鎖されていくのでしょう。
先人たちに学び、
あとから来る人に贈る。

お互いの幸せを応援し合い、
まだ気づかない人たちに、怒ってはならない。
吉祥レイキの教えです。

仲間がいてくれることに感謝です。


各種セミナー・講座へのお問い合わせ、報道各社様の取材の申し込みはこちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)